部品や工具を手に入れよう

様々なタイプのドライバーを揃えよう

iPhone修理には、特殊なドライバーが必要になってきます。まずはiPhone用星形ドライバーを用意しましょう。これはiPhoneを開けるために必要なドライバーです。iPhoneに付いている星形のネジは、このドライバーでなければ開けることができません。ここで注意しておきたいのが、安物を購入しないこと。粗悪品のドライバーだと星形のネジに合わず、ネジ穴を潰してしまう可能性があります。日本製の、品質の良いiPhone用星形ドライバーを購入しましょう。

もう一つ必要なのが、00番プラスドライバーです。このドライバーはiPhoneの中を調整するのに必要になってきます。iPhoneの内部はほとんど「+」のネジになっているので、iPhone修理には欠かせません。特に、軸の部分が回転するタイプは作業がスムーズになるのでおすすめです。

細かな部分を傷つけないように

iPhoneを修理する時は、必ずピンセットを使いましょう。プラスチック製のピンセットは分解箇所を傷つけにくいのでおすすめです。また、静電気も溜まりにくい作りとなっています。修理をするのに使いやすいのは先が曲がったタイプです。

それ以外にも、ヘラを用意しておきましょう。これもiPhoneを傷つけないようにするために必要なものなので、必ず揃えておいてください。ヘラは折れやすいので、何本か用意しておいた方が良いと思います。また、吸盤やスパジャーも購入しておくと分解効率が上がるのでおすすめです。特に吸盤はiPhoneのディスプレイを開ける時に必要になってくるものなので、必ず購入しておきましょう。吸盤は百均でも買うことができますが、初心者には扱いが難しいかもしれないので注意してください。

iphone6sのバッテリー交換を無償で受けられるかどうか調べるために、まずiPhone6sのシリアル番号を確認しましょう。そしてその番号を、無償交換プログラムサイトで確認します。

© Copyright Professional Fix iPhone. All Rights Reserved.