正規ショップと街の修理店どちらがいいの?良いお店の選び方

急いで修理するときは街の修理店がおすすめ

正規ショップで修理を依頼するメリットは、信頼度が高いことです。メーカー純正のパーツを使っているので、交換後は新品とほぼ変わらない品質になります。ただし、正規ショップの店舗数はiPhoneユーザー数に対して少ないです。平日でも時間によっては混雑しますし、休日では予約がないとスムーズに修理が受けられません。対して正規でない街の修理店は、店舗数が多いために待ち時間が短く、すぐに修理してもらえるのが特徴です。デメリットとしては、店舗によって修理のクオリティに差があることが挙げられます。街の修理店を選ぶときは修理実績が豊富な店舗にすると良いでしょう。正規ショップは安心して修理に出せますが、時間がないような場合は街の修理店を利用するのをおすすめします。

保証が受けられるかどうかしっかり確認

保証が受けられるかどうかも正規ショップと街の修理店で異なる点です。正規ショップの場合では、メーカーの製品保証が適用されるので確実に修理してもらえます。街の修理店では、一度修理するとメーカー保証から外れてしまう可能性があるので注意してください。iPhoneの中を開けて修理するので、改造品として判定されてしまうからです。街の修理店では、メーカー保証を補うための独自の保証システムを設けている店舗もあります。街の修理店に依頼するなら、なるべくアフターケアが充実している店舗を選ぶことがポイントです。今後もメーカー保証を受け続けたいのなら正規ショップがおすすめですが、iPhoneの保証期間がすでに終わっているなら街の修理店に依頼しても良いでしょう。

普段から使っているiphoneの充電ができない場合、至急対応しなくてはいけません。地域密着の専門店に持ち込みましょう。

© Copyright Professional Fix iPhone. All Rights Reserved.